精神保健福祉士は、国が定めた国家資格であり、簡単に言えば、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格のことを言います。精神保健福祉士と聞いても、実際にどんな資格か頭にすぐ浮かぶ人は少ないと思います。ここでは、資格の内容について簡単に説明していきます。

現在は、ストレス社会やいじめ問題などからこころの時代と言われるように、多様な価値観が錯綜する時代にあって、こころのあり様は一人ひとり異なるものでありますが、福祉の領域だけでなく、私たちももっとも関心を寄せる必要のある問題の一つとなっているのです。 特にわが国では、たまたまこころの病を負ったことで、さまざまな障がいを抱えた人々(精神障がい者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れていました。

精神保健福祉士は、精神障害者の医療的なケアに感心をもちながら、精神障害者の自立と社会復帰・社会参加の促進を図る社会福祉専門職であり、保健(疾病)と福祉(障害)の双方にまたがる職種です。その業務の対象として、精神疾患と精神障害を併せ持つ精神障害者があげられます。しかし、精神保健福祉士は、人と状況の全体性の観点から精神障害者個人だけでなく、家族や地域をはじめとする精神障害者を取り巻く環境をも視野にいれて働きかけることが必要となります。

精神保健福祉士は、精神障害者の保健と福祉にまたがる職種であり、精神障害者の保健に関する知識や技術、そして、精神障害者の福祉に関する知識や技術が求められます。ただ単に、社会資源の情報提供を行うだけではなく、精神障害者が自ら希望する生活を行うために、助言や指導を行うこともあり、さらに、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行っていきます。援助をする上でコミュニケーション能力も必要となるので、知識だけでなくそういうスキルも身に付けたらいいと思います。

※ 精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。
※ 文中の『障害』を『障がい』と表していることについてですが、現在では障害という漢字はあまり良い意味でないことから後者の方を用いられることが当たり前となっています。

精神保健福祉士の取得方法

精神保健福祉士国家資格を受験するには、精神保健福祉士法7条に「受験資格」が定めてあり、受験資格を得るためには複数の方法があります。
また、大学等において基礎科目を履修している者は精神保健福祉士短期要請施設などを、また指定科目、基礎科目のいずれも履修していない者については、精神保健福祉士一般養成施設などを修了することで、精神保健福祉士の受験資格が与えられます。

ここで間違えないでほしいのは、あくまで受験資格を与えられるということであって、養成施設などを修了したから、精神保健福祉士の免許がもらえるわけではないという点です。社会福祉士に比べ、精神保健福祉士はまだ比較的新しい資格であり、約6割の合格者を出しているので、とるなら今のうちに!!と言えると思います。

そして、何よりも大切なことは、教科書だけの知識だけを勉強するだけでなく、常に患者の立場にたって向き合い、自分の主観的判断だけで相手と接しないでほしいということです。まずは、受験資格から始めてみませんか?

精神保健福祉士の活躍する場は?

以下にあげるものが、精神保健福祉士の主な活躍場所であると言えると思います。

■ 精神病院、総合病院、精神化診療所など医療機関
医療機関では、医療相談室などでの相談活動が中心となります。受診や入院に関する相談から、療養中の経済的な問題や心配事、社会復帰に関すること、入院中の人権擁護に関することなど幅広い相談を通して、その人の問題解決のための援助・支援を行うことが精神保健福祉士の仕事になります。また、デイケアなどでは、グループワーカーとして利用者と共同して活動・レクリエーションを行ったりします。こういったコミュニケーションを図ることもとても大切な仕事であり、相談援助だけが仕事というわけではありません。

■保健所、精神保健福祉士センターなど保健機関
(保健所では、地域住民の精神の健康に関する相談窓口となっています。また、デイケアの運営や家族会の支援、地域の組織かも行っています。 精神保健福祉センターは、精神保健福祉に関する調査・普及活動や保健所などへの技術的な支援を行っています。)

■ 授産施設、生活訓練施設、福祉工場、福祉ホーム、地域生活支援センター、精神障害者小規模作業所、グループホームなど精神障害者社会復帰施設
(日中の活動の場としての小規模作業所と、生活の場としてのグループホームは、住み慣れた地域で精神障がい者が安心して暮らしていくうえで重要な役割を担っています。利用者と一緒に何か利用者や入居者の主体性を尊重し、生活を側面的に支援することが精神保健福祉士の仕事です。また、法律で定められた社会復帰施設には、精神保健福祉士の配置が義務づけられています。(このことを『義務設置』と言います。)利用者のニーズにあわせて、その人なりの社会参加や社会復帰を実現していくため、精神保健福祉士が利用者の目標の実現に向けて、さまざまな援助・支援活動や必要な情報提供を行います。)

■老人保健施設などその他の施設
以上にあげたものを簡潔にまとめてみると、精神医療・保健・福祉にまたがる幅広い分野で活躍できることがわかります。

★受験科目★
精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、精神保健福祉援助技術、医学一般、心理学、社会学及び法学
なお、社会福祉士である者については、その申請により上記試験科目のうち、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、医学一般、心理学、社会学及び法学の試験が免除される。

★受験地★
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

★受験日程★
受付期間:9月から10月
試験日:1月上旬
合格発表:3月末

★受験費用★
1万2500円

★合格率★ 61.3%