準備不足だったと素直に反省できなかった面接

私は数年前ある大学の臨時事務員の募集に履歴書を送りました。 数日後に面接予定日の連絡が来たのではりきって準備していました。
採用枠二人に対して約三十人ほどが会場に来ていて、私たちのグループのあとにも別のグループが来るようでした。
面接が始まり私の順番となったのでいざ会議室へ入るとそこには十人ほどの面接官がいてその時点でかなりプレッシャーを感じました。
前の職業や持っている資格のことなど聞かれそこまでは順調に答えていました。
そして「私共の大学のホームページはご覧になりましたか」という質問をされました。
「○○について書かれたページがあっと思うのですがそれについてあなたの意見を聞かせてください」と言われました。
私は一瞬「は?」と思いました。
その質問の内容がとても一般的とは思えなかったからです。
もちろん大学の概要などの基本的な箇所はしっかりチェックしてきました。
しかしその中の○○について書かれたページと言われても私には意味がわかりませんでした。
見ていないと正直に答えると明らかに面接官の態度がそっけなくなりました。
当然後日不採用の通知が来ましたが、私はあの質問に答えられる人は明らかに少ないだろうなとなんだか釈然としませんでした。

ありえない面接

仕事先が倒産してしまい、転職の為かなり面接を受けていた時期がありました。
ほとんどは、普通の感じでしたが、やはり数多く受ければ変な会社もあるので、その中の一つの事を書きます。 食品会社の面接で、営業社員の募集でした。 私は、今まで営業の経験がなく、大丈夫かなと思いながらも、とにかく、仕事がほしかったので、面接をさせていただきました。

面接室に入ると、3人の面接官。
みなさん、50代くらいのようでした。 履歴書を見て、営業経験がないことをすぐにつつかれました。
まあ、そのくらいは覚悟してたので、いいのですが、何か馬鹿にしているような態度での面接。

これは、採用する気ないなと感じましたが、途中退席などできるはずもないので、なんとか早く終わらないかなと我慢していました。 すると、途中から面接官の二人が雑談を始め、あとの一人は何やら立ち上がってゴルフのスイングの練習をし始めました。

私は、座ったまま無言。

ここにいる意味あるのか?早く解放して欲しいと思っていました。
この態度はもうありえないでしょう。いくら、営業の経験がなく即戦力としては厳しいとしても、一応礼儀はあるのではないのでしょうか?
だいたい10分くらいで、面接が終わり、次の人が入りました。帰り際、チラッと話声が聞こえたのですが、私と違い食品関係の営業経験がある人らしく、まあ、いろいろ質問してました。
変な会社だなって思いながら帰宅し、3日後、なんと採用通知が届きました。

びっくりです。

当然、辞退しましたけどね。
あんなとこに入っても不幸になるだけです。
お蔭様で、その次に面接に行った会社に採用していただきました。 この面接経験からのアドバイスはありませんが、どんなに相手方が失礼な態度でも、自分は決して同じ土俵にあがらないことです。あくまでも冷静に面接終了させましょう。
それが経験になるし、仕事にでれば、もっと腹の立つ経験もあります。そのトレーニングと思って我慢するのがいいと思います。